水曜日, 9月 03, 2014

ますます常軌を逸している朝日新聞

今朝のニュースで、池上氏が朝日新聞の連載を断った経緯は、実によく分かる。朝日は謝罪するべきだと書いたら、こんなものは載せられないと朝日幹部に言われボツになったわけで、それははじめの話と違うじゃないかと、池上氏が連載中止を申し出た。まあ、言論機関としての見識がはじめから欠如している朝日だけれど、これで池上氏も泥船から脱出できたと考えた方が無難でしょうね。
ちなみに産経新聞がその経緯を朝日に取材したところ、「連載中止を決めたわけじゃない」とアサヒップリにほほえむワシなのである(笑)。何という上から目線コメントに目がくらむ。

最近の朝日新聞の気の触れ方には、新聞というメディアの断末魔が聞こえてくるのだが、これがただの宗教系新聞のような、あるいは赤旗のような機関誌なら誰も何も言うことはない訳で、あくまでパブリックを装っていたという所に事の本質があるのかな。

例えば、慰安婦捏造言い訳特集記事のその後、通常なら大変な数が集まる「声」欄だが、慰安婦問題に関しては一つも載らない。ま、かねてから指摘されているとおりこの「声」欄は、自分たちの左巻き主張を世論にすり替える「さくら」として機能していたことに間違いは無いでしょうね。田舎のおじいちゃん達、新聞は朝日だけじゃないよ(笑)。だまされるんだから。

言論機関とはいえ広告収入は屋台骨だと思う。朝日バッシングを続ける新潮、文春、の広告を拒否。あげくに、元締めとはいえ何もしてない(笑)文藝春秋の広告を朝日側から拒否、そりゃ文藝春秋は言うわな、「社会の公器としてあるまじき行為」と糾弾。
しかしねぇ、今の朝日にそんなきれい事は通じないし、なりふり構わない卑怯なサヨクッぷり猛進することこそ生き残りの道だと思っているのでは。

ちなみに、慰安婦が女子挺身隊として連行されたと虚言を吐いた元朝日の植村大先生の義母様は「動員犠牲者でなくても当時を生きたものなら誰でも補償を受け取れる」と韓国内で吹聴し、その途端とんでもない数の「元慰安婦」が出現したことは、全く報道していない(笑)。
松井やより朝日新聞論説委員は「日本人を、殺人鬼、強姦魔、強盗、とアジアではみんな言ってます」と世界中にばらまいた(笑)。
そんな朝日を朝鮮日報は「韓国政府は朝日新聞を助けろ」と特集記事。うははははは。

しかしなぁ、欧米ならこんな新聞社廃刊まで追い込まれるだろうに、日本は優しいね。支那ならまず関係者が行方不明になるだろうね(笑)。ロシアなら絶対元KGBのリトビネンコ氏がやられたようにポロニウムとかを料亭の食事に混ぜられちゃったりするね(笑)。

いずれにせよ、東大かどこかをでて、朝日に入って、社用車乗って、料亭記者クラブごっこして、年収は1500〜2000万以上は確実で、賢く立ち回れば朝鮮の大学に天下って、、そんな新聞社にみんな何を求めるのか????

自分のことは棚に上げ、人には謝罪させるが、自分は絶対しない。あぁ、この文化、そういえば半島の文化だなぁ。。等と、疲れているときに時々思い出す梶井基次郎。
そう、得体の知れない憂鬱・・・・・かねぇ(笑)。




0 件のコメント: