火曜日, 2月 24, 2015

たかが白衣のことでと言われそう(笑)

パステリという白衣をここ10年来使っている。白衣と言っても白いものはここ30年着たことがない。だから新しいイタリアンデザインと色合いが好きで長く使っているのだが、最近のラインアップはなぜか白を中心としたモノトーンばかりで、それこそしらけ始めているが(笑)。

これの赤、で、これはインカムを入れやすい
ね、ポッケが脇よりでせう?
新しいものを発注した。大概ウチのロゴマークを左胸ポケットの上に刺繍してもらっている。今回の注文したジャケットはデザイン上ポケットが脇よりになっているので刺繍の位置を向かって左にずらして欲しいと問い合わせた。 回答は「出来ない」とのこと。指定の限られた位置にしか刺繍は出来ないの一点張り。デザインが脇に寄っているからその分中央にずらして欲しいだけなのだが。

この背景を、いつものように考えてみようかな(笑)。多分このマニュアルは、くだらないクレームに対して問題なく対応するためにできているのではないかと推測。・・・・ 例えばその昔、そういえば思い出すと、、、刺繍位置はメーカー指定ではなかった。こちらから刺繍位置を指定していたが、ま、たぶん、、くだらない歯科医師から電話が来た。「こっちが指定した位置から少しずれているじゃないか、これは代金を払えない、払って欲しかったらこちらの指定通りの位置にやり直せ」ま、こんな感じでしょうね。(笑)

世の中こう言う行き過ぎた権利の主張がまかり通りすぎて、かつてに比べ息苦しくなってきていることは確か。以前秘密保護法反対とか左巻きが勝手にやってくれと思ったが、要は同じ理屈であることに皆気がついていない。行き過ぎた権利の主張が大手を振るうとかえって息苦しくなるから、法整備が必要になる。そんなの色々な現場でいやという程経験してませんか??

なあなあが良いとは言わないが、障害者を障がい者と差別する人権意識の方がワシは数倍怖いと思っている。トイレサインはは男女とも同じ色と形にしろと言うサヨクジェンダーの方が数倍恐ろし寒い。

歯科でも、ワシが個人的に思っている、行き過ぎた歯科医師の権利の要求(例えば個別指導の弁護士帯同とか)は、コミュニケーションが十分で、比較的良い状況にある現場からしてみれば、最高に息苦しい状況を作り出すことは間違いない。良い例があるのだから行き過ぎた人権をかざす前にそうすればよろしいのにと思う。
兎に角その周囲の息苦しさは、絶対に確実に自分の呼吸困難として返ってくると言う事だ。

何でもそうだけれど、そもそも論とそこからの目的と目的達成の手段と、本当は決めなきゃ行けない事ってたった3つで、実はこんなに簡単。クリアになっていればものすごくシンプルに何でも解決するはずなのに、会議をすることが目的になったりして分け分からない時間を浪費して、それじゃあと言う事で会議内容を事細かにスケジューリングしたりして、発言内容とか規制して一定の決めごと作って、、、、。
同じでしょ?世の中で起こっていることと。




0 件のコメント: