土曜日, 2月 20, 2016

丸山氏発言・・・別に良いんじゃない?

今マスコミや左巻きがこぞって問題にしたい丸山氏の発言を正確に記載すると・・・
「バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっている。 これ奴隷ですよはっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。 マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。 でもですね、まさかアメリカの建国当初の時代に黒人奴隷が大統領になるなんて考えもしない。 これだけのですね、ダイナミックな変革をしていく国なんです。」
黒人を馬鹿にしているわけでも差別しているわけでも何でも無い発言。むしろ米国はすごいと言っている。現実の歴史を直視した、いたって普通の発言だが、それを左巻き野党やマスコミがくだらない揚げ足を取りこうなる・・・ 
「例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっている。これ奴隷ですよはっきり言って」「まさかアメリカの建国当初の時代に黒人奴隷が大統領になるなんて考えもしない」
これは明らかに、前後の文脈を無視した言葉狩りで、捏造と言われてもおかしくないほどの捏造で、日本のサヨクマスコミ特有の構造。本来の趣旨から全く意味合いが異なるように仕向けるこの卑怯さが、この国を少しずつ蝕んでいるのは事実じゃないかな。次の選挙はこう言うくだらない言いがかりをつける議員を少しでも減らせるように皆が頑張らないとね。     (でも、「歯舞」はきちんと読んで欲しいが(笑)。)

特に、共産党と社民党、民主党左派はこういうのがひどく得意で、あれ、そういうことだったっけ?何てことが良くあるから注意した方が良い。ちなみに、おもしろがってそれに便乗する左巻きマスコミの卑怯さは、あれやこれやと言い続けても、仮にそれが間違いだったとして、あるいは捏造だったとしても、社会的責任は全く取らないのが特徴。ペーパーなら、後日訂正の文書をちょこっと載せて「ハイ終わり」。テレビなら神妙な顔でアナウンサーが「ごめんなさい」ペコリで、ハイ終わりなのだからね。お気楽なもんだ。
ワシなんて、こんな好き勝手なことを書いて、もし仮に大変な間違いで多くの人に迷惑をかけようものなら、、う〜想像も付かないほどの責任を負わされるだろうから、だからみんな慎重にブログなどで意見を言っているのだと思うが、ワシは大丈夫か?(笑・・・・大丈夫(笑)。だって、誹謗中傷じゃないからね。我が国は、意見を言うことは自由な素晴らしい国だからこそ、ワシら一般人はマスコミのような巨大生物の同行を正しく見極めなければならない。どう考えても、これらの言葉狩りが、「自由な意見」とはほど遠いような気がしてならないのです。
この丸山氏の本当の記事こそ中立性を保った正しい報道でしょう。http://www.sankei.com/politics/news/160218/plt1602180056-n1.html

0 件のコメント: