月曜日, 6月 27, 2016

保団連の行く末、強烈な左の風

保団連評議員会に出席。先に思いを述べるとすれば、やれやれ、またかよ、、だ。

医療団体としてサヨクした思想がいかに不利なのかまだわからないようだ。
個人の思想や信条は尊重されるし、どこの誰だかわからない先生方がどういうことを考えているかなど知った事ではない。好きにすれば良い。9条信者だろうがそれはあなたのかってなのだ。ワシは干渉などしない。。改憲派として言っておく。ちなみに、サトチュウ先生がFBにあげていた言葉をお花畑な護憲派にプレゼントしよう。

「平和主義者。彼らが暴力を放棄できるのは、他の人が彼らに代わって暴力を行使してくれたからだ。ジョージ・オーウェル」

ナイスだ。

しかし、この団体は根底に極悪な共産主義思想が流れている。というか、そういう人達が傷をなめ合いお互いを励まし合いなれ合いで組織運営をしようとしていることに大きな憤りを感じる。医療の現場はもっと過酷じゃないか。その問題をないがしろにするほどイデオロギーが蔓延しているこの状況に皆満足なのか??というか共産オルグの匂いがぷんぷんして、気持ちが悪くなる。しかしワシは代議員としてこれからも参加するだろうが。

ある先生がフロアからの発言で若い先生方の加入率低下を懸念していた。当たり前だ。皆、自身の医業としての成り立ちが不安なのだ。そんな場所にイデオロギーや反核や憲法改正反対や沖縄問題を持ってきて、そりゃあみんな引くだろ。めんどくさいし人それぞれの思いもあるだろうし誰が加入などする物か。
医師会歯科医師会とは別の医療団体として、正規に強力に政府や行政にもの申せる、そんな組織を期待しているのに。そのためにワシはこの20年以上奔走してきたし。

特に気がつくのが、あまりの歴史知識のなさだ。ワシの前に座っていた知らない先生が横の先生に力説していた。
「あのね、ドイツは先の大戦の反省と謝罪をちゃんとしているけど日本はしてないんだよ」
こいつ馬鹿かと思った。ドイツの戦後の歴史を正しく勉強しなさい。相変わらずの朝日新聞の受け売りか、韓国人の反日思想からなるいいかげんな言説をそのまま信じている。そしてそれはまさに反日政党群の言い分。それで今の現状からもっと良くなるとでも思っているのか?こいつ日本人なのか?というか、朝日新聞しかソースがないんだろうね。朝日新聞の捏造社説「ドイツに見習え」論をそのまま信じているのだろう。

技工士の格差の問題を熱心に語る先生あり。格差とは教育とテクノロジー競争で賃金が決まる。資本主義のみならずマルクスでさえそのことを言っていることをわかっているのか?責任はいい加減な、無教養無知識歯科医師が大勢いるからそうなるのであって決して国などの問題ではない。
評価が低いのは認める。しかしその低い評価からいくらでも技工士という職業をダンピングしているのはおまえ達じゃないか。で、一方ではこう言う団体が評価を高め無ければいけないはずなのに、イデオロギーで毒された団体の話を誰がまともに聞くもんか。左翼の歪曲した情報しか持ち合わせてないからだとなぜ気がつかないのだろう。

じゃあ百歩譲って話を聞こう。格差の元、君らが嫌いな(笑)大企業の私的所有権そのものをなくせば社会主義が成り立つ。それが目標か?そうなれば物の価格自体が機能しなくなることがわかるかな。結果社会主義は崩壊している。労働者の賃金は用をなさなくなる。ねぇ、頭使ってほしいな。
医院格差とて、「借金」が「投資」であるという教育が正しく伝われば、価格が用をなさなくなる危険は回避できるのだが、いかんせん「借金」が「借金」のままでは医院格差はもちろん対技工士だって格差が広がるに決まってるでしょ。わかれよ、歯科医師(笑)。

沖縄の悲惨な事件の女性の親がこういった。「娘の死を政治利用しないでください、鎮魂を願います」 ところがどうだ。沖縄の先生は見事に政治利用しようとしている。話にならないし亡くなった女性に本当に申し訳ない。祈る気持ちなど全くないのだろう。

、こんなことを考えていたら、質問する気力も失せた。実に幼稚な代議員会だった
が、帰り、ちょこっと局長とビアンキに寄り道。あ、欲しいなぁ。。

その後際新幹線待ちで理事者のSGM先生と飲みながら話をして、中身が良くて実に良かった。議論は盛り上がりキャッチボールができ、これぞ保団連関連のディスカッションだ、今日の参加は無駄ではなかった、、、と胸をなで下ろした。ありがとうSGM先生。また飲みましょうね(笑)。



0 件のコメント: