火曜日, 9月 27, 2016

気持ち悪いのか?

パリまでの12時間30分、寝ないで行くには色々考え事をするのが一番(笑)。映画も二本みたらもういい感じ。新しいらしいXmenはいまいち(笑)。ジョージクルーニーのマネーモンスターはそれなりに面白かったけど、米国の本性をこうやって少しだけチラ見させるのね。

機上でインターネット24時間つなぎ放題なので、あれこれネットサーフィン(古)。
国会で安倍総理の発言にスタンディングオベーション。そのときの話は「日本の領土、領海を今この瞬間も守りぬいている海上保安庁、警察、自衛隊の皆さんに心から敬意を表そうではありませんか」という場面。いい話です。ま、大島議長から注意はされましたが、過去にもあったわけですから。そしたら時事通信の馬鹿な記者を始め、維新の会の馬鹿じゃなく馬場氏とか「異様で異常」だと。いつものうそつき共産党「気持ち悪い」だと。しかも二十数年国会議員をやっていて初めてだとも。本当嘘つきだね。
おまえらの方がよほど気持ち意悪いよ。

こんな話題を拾っていると、沖縄の無法地帯の話が。道路を不法に占拠している外から来た職業左翼の横暴にとうとう地元民が怒り、、、、ところが、地元マスコミはこの職業左翼の味方だった、、、、なんて話は昔から聞いていたが、なんと沖縄地方裁判所でさえ、なんとな〜く極左の味方をする緩い判決に、本土に住むワシらには「はてな」のオンパレードだと言うことを覚えておこう。

最近青森や八戸のような田舎の駅でも目に付くハングルと支那語。空港の出発ボードとかも、英語日本語と繰り返すならまだいいのだけれど、そこにハングルと支那が。見にくいったらありゃしないが、これを、訪れている支那人や朝鮮人が「あ、日本はなんて優しい国なの!!」と思ってるとでも考えているのだろうか。人がいいにも程がある。。
ヨーロッパとか各地を回ると、自国語と英語、、、これだけですよ。レンタカーでドイツ国境沿いのアウトバーンサービスエリアで休憩したときも、ドイツ語と英語。100メーター隣がフランスなのよにだ。
あっ! 何を書いているんだ!にだ。

捏造歴史認識に基づく反日エネルギーが国力の3/4を支えている国の何を理解して観光誘致をしなければならないのか意味がわからない。片や支那は朝鮮はあくまでも属国意識から離れられないのを知っているので、完全に小馬鹿にして大嫌いらしい。支那が強ければ支那に付き、ろ助が強ければ露西亜に付き、日本が強ければ日本に着いていたその過去は教科書をどんなに改ざんしても変えられないのよ。そして未来も。もう世界中で君たちの言うことを真に受ける国はないんじゃないかな。グランデール市長の慰安婦像設置しちまったの後悔の念の答弁が印象的でした。
それを考えると、とち狂っているとしか思えない北朝鮮は、自立国家としてどこにも頼らず邁進するつもりで核弾頭を積んだのか?と思いきや、きっとそれは違う。この民族の歴史をひもとくと属国故の知恵がある。自立はできないが効率よく金を集る術は、実は相当昔からそうだったと気がつくのだ。

こういうことを考えながら望むEAOは面白いに違いない。まじか?と思うかもしれないがモダンデンティストはナショナリズムのような心情と多様性と汎用性の引き出しを無数に必要とする。インプラントはその一つの方法論に過ぎないから、だから、、、ミーは面白いと感じているザンス。




0 件のコメント: