水曜日, 3月 29, 2006

割り箸

割り箸の値段が高騰しそうな気配だとか。そのほとんどを輸入に頼っている我が国は大きな打撃だそう。。。かの国は中国。対日輸出年間250億膳!
異常なまでの低価格化で市場を独占し、独占した時点で値上げ。。ヤレヤレ。
皆で、お箸洗って、マイお箸で食べようよ。あんなくだらない国にこんな大切な食の文化の部分を握られていやな感じ。。消費の半分近くはコンビニのサービスお箸だとか。。。

もう一つ。
割り箸をのどにさして亡くなった子供の両親が急患担当の医師を訴えていた事件で地裁の判決が出た。無罪。
私はあたり前だと思いますよ。裁判長の異例の勧告文は余計なお世話。
4歳の子供に問診を怠った??(笑)むちゃでしょ。
どれぐらいの臨床経験があれば、急患のこの局面で脳神経外科やCTのオーダーが出来るのだろうか?医学的な根拠も是非知りたいが・・・・控訴するらしい。
しかし!

その昔、小さな子供が口に棒状の箸やら串やらくわえたりして走り回ったり歩き回ったりすると、親はもちろん周りの大人かもらこっぴどく叱られたわけです。理由は簡単。大変な事故になる可能性があるから周囲の大人は大人として注意する訳です。現場に親がいると、何もいわない親までもこっぴどく他人に叱られる素敵な環境です。

両親のインタビュー。「日本中の医師に、このような事が起きないように最新の注意と責任を・・・・(何とか)」
おいおい・・・・・久しぶりにこの話聞いて激怒する家内。
違うでしょ!!!
「日本中の小さな子を持つ親は、細心の注意を払って、子供がモノくわえて歩き回ったり走り回ったりしないように責任をもて!!」でしょう??

自分の、親として、あるいは大人としての責任を棚に上げ、医師の責任にして仇討ちのような錯覚すら覚える裁判のなんと多い事か。この理屈がエスカレートすると、自分のせいで起きた我が子の怪我で、大変な事になったのは、例えばERを用意できない行政や病院のせいだとかとんでもない事になりますね。
今回の判決。無罪とはいえ医師の過失があると言う。にわかには信じられない。

なんの罪も無いお亡くなりになった子供の冥福を祈りつつ、この国のさもしさに無念の年で一生を過すこの親は、自分の責任を医師になすりつけようなどと考えず、仏門に帰依すべし。。

0 件のコメント: