木曜日, 5月 22, 2014

了見が狭いというか何というか

WEB上で時々見かけるんですけれど、したり顔で(多分・・見えてないけど)物事を「これはこういうものなんだよ」とか「偽善者だね」とか「これが日本の偽りのない現実です」とか、ま、ほとんどが左巻きなサヨク連中だけれどそういう物言いを、例えばワシのこういうエグいブログで読みたくなきゃ読まなきゃ良いじゃん、、、という場所ではなく、誰でもすっと読んじゃう場所で、、、居るんだよなぁ、世の中のことをおいらはみんな知っている風に書き込むやつが。思うのは勝手だけれど、人に「したり」説教するなっつ〜の。ま、ワシより世界を経験則で知っているのなら100歩譲ろう(笑)。エヘン。あ、兄ちゃんをおいといて偉そうにごめん<(_ _)>。。。。
兎に角、違うでしょ、場所が。あ、怒り新党みたくなってきた(笑)。

狭い了見だった。ワシも。20年くらい前までね。そしてサヨクだったことは認めます(笑)。でもね、この国の共産史やリベラルな書物を読めば読むほどわき上がる疑問にサヨク理論は答えてはくれなかったわけですよ。それは心の問題で、特に個に対する居場所の横軸しかなくて、縦の時間軸が「個」を全く表していないことに気がついたんです。そう、歴史と先祖に対する尊敬の欠如が縦軸を見えなくしていることに気がついたとき、サヨクは個とそのまわりのことしか理解できない寂しい人たちなんだと思ったわけです。一番大切な自分から、世界の事象周りの事象身近な事すべてがスタートするんですね。
大丈夫ですか?そんなに盲(めくら)になって。

さて、話は変わって、たった今届いたUSA TODAYのWEB配信記事で笑っちゃったことがある。お題目は「EU, Interpol fight epidemic of stolen, fake passport」だけれど、盗難パスポートとの追っかけごっこが熾烈を極めている話なんだけれど、確かにこの間の不可解なマレーシア航空機事故でさえ、何名だっけ?盗難偽パスポート。。。インターポールによると、2002〜2013までに4000万件の盗難報告書が上がっていると言うがすごいですな。数ヶ月に一回海外に行くワシは出歩くとき絶対持って歩くかホテルの金庫に入れておくが、持っていくのが危ないかもしれない。

で、適当に記事を飛ばし読みしながらあちこちのWEB上に飛んでいって、本当に笑った。支那のパスポートって盗まれないのね〜。そういえば、イミグレーションで目の前に支那人が居たらその脇の列がどんなに混んでいてもそっちに移った方が絶対に早い。なんででしょうね(笑)。
そ、入国管理官は支那人とみるやかなり厳しい質問攻撃なんですよ。団体だろうが個人だろうがそりゃすごい。しかも支那人も食い下がる、管理官も食いつく、この攻防でとんでもない時間がかかるんです。
そう、盗む価値がない!(爆)

これはあくまでもワシの経験だけだから、そうじゃない時もあるやもしれませんから、ワシにすり込まれないようご注意願います。でもさ、ホントに今までこれで何度失敗したか。時々一緒に居る女房殿が「何であの列に並ぶの?バカじゃない?チャイニーズじゃん、いつまで待たせる気なの?」と叱咤されたのでした(笑)。
この経験則を踏まえ、さすがに日本の出入国は、特に出国に関して国籍の列が関係ないだけに指紋認証の自動出国に切り替えたワシでした。。。支那人のモラルレスな急な割り込みもないしね。その昔、おい、並んでるだろと、支那語はわからんから英語で言っても知らんぷり。だめだねこの人達(笑)。
自動イミグレーション、あんまり登録してる人少ないから、早いのなんのって、敬愛する兄ちゃんもそうでしたっけ??



0 件のコメント: