水曜日, 3月 15, 2017

Orland 初日移動

日曜の夜、千葉の法事から帰る。今週木曜から始まるフロリダのオーランドで開催されるAOに出席するため、昨年夏にフライトのチケットをすでにとった。何ででそんなに早くとったかというと、マイルを使うただ同然のチケットは数に限りがあるから。しかも詳細な日付指定もできない。仕方ないよね。しかし、グレードは最高に高い席。何年ぶりかなぁ。
月曜の午前中、どうしても外せない患者さんが数名いたので診療する。オーランド行きのフライトが翌火曜日の朝なので、羽田前泊するために夕方の新幹線に乗った。昨日に引き続き新幹線GCは飲み放題(笑)。馬鹿ですね、こればっかり。

同じくAO参加の、沖縄から先入りしているはずの宮里先生と晩飯を食おうと約束していた。羽田国際線にあるホテルのレストランで久しぶりの再会。もしかすると2年ぶりぐらいかもしれない。相変わらず大きい。乾杯をする段階で相当できあがっているワシなのだった。レストランが終わったので、羽田の中にある24時間居酒屋で続き。といっても夜11時前なんだからノミとしては健全な時間。お互い相当眠くなってきたので、明日朝8時集合ねと12時頃解散。

翌朝、7時過ぎ頃だったか宮里先生から電話。彼は相当早起きなので8時では遅いらしく、しかし、こっちも準備がまだなので745分にちょっとだけ前倒し集合にした。ワシのように北国の人間はせっかちなので45分といわれると40分には行っている。45分、、、来ない。
南の人のこの性格が羨ましくそして好きだ。






シカゴは雪
火曜朝の羽田国際線は激混み。春休みのせいもあってか人でごった返している。日本は景気は悪くないと思う。ワシらのチケットは正規にはとてもじゃないが高くて買える訳のないFCだ。そして宮里先生もマイラーなのだ。チェックインを済ませたが、羽田国際線は手荷物検査のプライオリティーラインが、すべての航空会社で一つなものだから、成田のように殿様のようなFC専用ゲートとかない。プライオリティーでこの混雑かよとうんざりしていたら、宮里先生がおいでおいでする。そこは乗務員専用ライン。なんとFCのチケットを持っているとこのラインから通してくれるのだ。見つけた宮里先生は偉い。で、しかもこれほとんど誰も知らないんじゃないかな、プチ情報。いつの日か羽田国際線からFCで出かける機会がある方はお試しください。

スイートラウンジも激混み。高木兄ちゃん発のかき揚げカレーそばを頼むどころではない。なんだかなぁ。以前小沢先生を連れてマイアミに行ったときもFCだったが、こんな混んだラウンジじゃぁなかった。あ、あれは成田なんだ。やはり成田が充実してるね。でもなぁ、羽田便利だもんなぁ。


あからさまなヒエラルキーを感じながら粛々と搭乗。機内乗り込んで5分でWIFIが使えると言うことなので早速手続きを。しかしね、ほぼほぼ北極圏をかすめるルートは、欧州線でもそうだけれどつながり悪いのよ。衛星を使うインターネットは仕方ないですね。30分単位とか細切れで購入をお勧めします。シカゴで乗り換えオーランドに向かうフライトはFCでもなんでもなく、実はこの便がユナイテッドでFCの席は確保できないわ、時間がころころ変わるわでE-チケット何回変更になったかなぁ。あめりかだもの、そうだよね。

マイナス7度のシカゴを後にして、窮屈な(隣の席は体格のいいおばさん、でもフレンドリーでいろいろお話しできたが)席でウツラウツラとオーランドへ。うわぁ、ここはまた別世界のように暖かい気候と晴れた空。
明日はフリーなので、ファニングスプリングスというオーランドから車で2時間ほどの小さな町に住んでいる、昔三沢に住んでいた患者さんMr.Johnがご飯を食べようとホテルまで来てくれることになった。今でもたまにだけど、彼の紹介の三沢ベースの患者さんが来てくれるからうれしいですよ。

0 件のコメント: