土曜日, 11月 05, 2016

移民推進法案

与党が進めている移民推進法案だが、ワシは真っ向反対だ。リベラルが主権を持ったフランスやドイツが移民でどういうことになっているか、日本では全く報道されていない。
かといって今の野党は共産党のようなテロ集団以下、まるで話にならない間抜けばかりだからますますこの国の将来を憂慮してしまう。

ドイツにおける今年だけの移民犯罪は現時点で145000件。昨年に比較して、昨年一年間よりも40%程増えている。本当のドイツ人はぶち切れているだろう。一昨日のパリの難民同士の戦闘は、ついこの間ワシが向かったオヴェール・シュル・オワーズに行くために電車に乗ったGare du Nord(北駅)と目と鼻の先じゃないですか。リベラルなそして不法な外国人に寛容なフランスのすてきな町での出来事です。

すでに我が国は、外国人の不動産の取得がゆるゆるなので、北海道は支那の手に渡っていると言っても過言ではない。日本各地の名水水源もその多くが支那人の手に渡っている。当院の保養施設があるAPPIもほぼ支那の手に渡った。こういう所に大量の支那人がなだれ込み、なし崩しに移民法を無視して住み着き、池袋のような支那町が出来るのもそう遠くはないだろう。なぜなら、支那の崩壊は音を立てて直近に迫っているのだが、日本の経済専門家達は口をつぐんでいる。もし支那からの大量移民があふれたらと想像したことがあるだろうか。

サウスコリアもあの通りの民度の低さだ。ニュースを見て驚きますね。ワシらの業界には「歯科的に進んでいる」とか言うかの国を擁護する先生方もいますがへそで茶がわくね(笑)。そりゃ整形大国だもの。本質を隠しているフェイクでしょ。
大統領が満期近くになり、その関係者が次々と逮捕されるのが当たり前の国ですよ。大統領今までありがとうお疲れ様・・と送り出された大統領が一人もいない、そんなさもしい国の何が信用できるのか。信用するとバッテリーから火ぃ吹くし。。
すると在日の多くが「それはヘイトだ」と大騒ぎして言うが、彼らこそ我が国をどれだけ差別し侮辱しているか棚に上げている。その証拠に我が国はサウスコリアに何をしたかと言えば・・・・
1965 日韓基本条約締結時に日本が朝鮮半島(北朝鮮と韓国)に残したインフラ・資産の「約61兆円」相当のインフラを譲渡。さらに「45千億円」相当を援助(当時の韓国国家予算の2年分以上) 1983 特別経済協力で「4,000億円」支援 1997 韓国通貨危機で「1兆円」支援 2006 ウォン高救済支援で「2兆円」支援 (韓国高官は「日本の援助は迷惑だった」と不快感を表明
2008 リーマンショック危機で「3兆円」支援(韓国高官は、「日本は出し惜しみしている」と不快感を表明
2002年日韓W杯スタジアム建設費融資「300億円」未返済 


日本のIMF援助「8,400億円」とその前の「14,000億円」、更に以降の「12,000億円」とODAの有利子負債の利子の計約1070億ドル、「約13兆円」の負債に対して韓国は未だ1円も返済していない。 70兆円近くもお金をあげて援助して、さらに別口で13兆円も貸してあげて、これだけ配慮しても国連では「反省が足りない」と非難し、ソウルの水曜デモ(反日デモ)で毎週、日本国旗と天皇陛下の肖像画を燃やし続けるサウスコリア。


これは全てワシらの血税である。ところが、こういう乞食のような国の人々が、素晴らしい我が国に、さすがに自国に嫌気がさして、あるいは政治的な問題で、そう、大挙して押し寄せてくると言うことがどうやらわかっていないようだ。




0 件のコメント: