日曜日, 12月 23, 2012

もうかよ・・・・

舌の乾かぬうちに・・・・と言うたとえは適切じゃないけれど、大勝利した自民党の総裁は、もう、、、「竹島の日」の政府主催式典は、無し。で、「尖閣諸島の公務員駐在は見送り」だと。公約ではない、だって。ふ〜ん。

領土問題で本当に腹が立っていた国民をまた無視して、「相互恵関係」を築くことが大事との見解。まあさ、そりゃ分かるが、選挙前のあの勇ましい立ち振る舞いは。確かにパフォーマンスだろうなとは思ったけれど、民主よりはマシとの判断で自民に入れたカタも多かろうが。これじゃあ、民主党と何も変わりはしない話。

あんな国は金輪際お断りだと言えるかもしれない姿勢に共感したのがバカだった(笑)。言えない。言える訳がない。よく考えたら、朝鮮や中共寄りの支那大好き人間は自民党にも半分以上いるからダメだね。選挙後のマスコミの左傾報道も物凄かったしね。テレ朝のお馬鹿キャスターなんぞ、自分好みのヒダリ思想じゃないと「でもね、、?」とか食いつくあたり、あんたの話などどうでも良いよとみんな思っているけど、実は朝日系プロデューサーとかから厳命で「あれをつぶせ」とか指令が来ているんだろうな。じゃぁなきゃ、プロレス崩れのアナウンサーがどんなに勉強したってこんな偏向思想にはなれないもの。。

ところで、経済対策として10年で200兆の公共投資や市場に円を少し溢れさせる金融緩和政策など、とにかく今のデフレを回復させる政策が目白押しです。ワシは個人的にはこの政策は歓迎ですが、ここに外国の圧力が来ることは歓迎しません。このお金に群がるに決まってますからね。
ちなみにバブル崩壊とほぼ時を同じくして開業した当院ですが、その後20年続くデフレと一緒に今まで来ました。多分開業時の当院の採用していた新卒の初任給は、今とほとんど変わらないでしょうね。これってすごいですね。いざなぎ景気の時のようなことを期待する訳じゃ無いんです。20年でそれなりのインフレ(2%前後)を続けてくれれば、消費も給料も、要するにこの国に対する期待感で成長するはずなんです。

どうしてワシが前述のような領土問題とかこだわるかというと、日本が好きかどうかにこの国がかかっているじゃないですか。頭のおかしい隣人に気を遣って毎日を否定しながら生活するのは、経済循環や1次も2次も生産性が伸びるわけがない。

1976年頃のスペインの状況に似た感じで20年経ったなぁと考えているわけです。

さあ、今日は夕方からハッチで「愛と平和の言霊ライブ」です。練習しようっと。
Ustreamで配信します。詳しくはFBに案内を出しますのでよろしくお願いします。

0 件のコメント: