土曜日, 12月 08, 2012

不滅のムー

昔大好きだった(笑)学研のムーは、一度は誰しも読んだことがあるんじゃなかろうか。つい先日、Dr.岡ピーからメールが来まして「クマセンセ、新郷温泉の会館にムーの編集長が来ます」と。前日だからスケジュールも何も調整できるわけがない。早くから知っていれば行ったのになぁ(笑)。

非常に行きたかったが、残念で。以前も書いたが、女房殿の高校の同級生に学研のお偉いさんが居て、たまたま夏に八戸で呑んだ訳ですよ。その時、栗ちゃんというお偉いさんに、さんざん新郷村のキリスト伝説の話を聞かせてあげたので、もしやそのせいかとも思ったけれど、なんか村おこしのイベントだったみたいですね。今度、HERZ会で是非呼んで欲しいと岡ピーが熱烈コールするので、東北大の菅野先生のセミナーの後の計画として本気で考えてみようと思う。こう言う切り口がワシらの業界になさ過ぎるから閉塞感が蔓延するのかもしれないからね。夢とロマンのムーなのである。

で、すごい事に気が付いた。先月発売された12月号のムーの特集は、言わずもがな「2012年12月23日マヤ預言最終結論」世界的に滅亡ビジネスが上手くいかなかったのか、ノストラダムスに比較して静かなんだけれど、まあ、要約すると人類滅亡か否かの話で、まあ、滅亡かな?
いつもながらのムーな大特集は読み応えアリ(笑)。


でもさ、んん?次号の予告??伊勢神宮出雲大社大予言。

うはははは、す、素晴らしい! 人類滅亡などなんのその、せっせと次号の編集に取りかかっていたムーの編集部に喝采を送りたい!
これこそが本気のビジネス、これこそが捨て身のビジネス、見習うべきだよねぇ。

本日8日、ムー1月号は発売です。ちなみに定期購読もあります(笑)。





0 件のコメント: